3507ぎおん松乃

2019_01_28_9_1.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/7.1●1/40秒●ISO:1600●4200K●RAW現像
●撮影MEMO:祇をん松乃さんのせいろ蒸し 寒い時期には熱々が美味しい。





蕎友館ホームページはこちら

.

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3505ゑびやさん

2019_01_28_9_3.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/5.6●1/13秒●ISO:1600●4200K●RAW現像
●撮影MEMO:京都浮世絵美術館で北斎を堪能した後はそばが食べたい。。。懐かしくおいしく頂きました。





蕎友館ホームページはこちら

.

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3098 富士屋ホテル

2018_01_18_9.jpg
富士屋ホテル グリル「ウイステリア」 カレーお目当てのランチに 

2018_01_18_9_9.jpg
ビーフカレー 
フォークで食べたのは初めて。らっきょ 福神漬け レーズン ピクルス マンゴーチャツネ 葉唐辛子の6つの付け合せ

2018_01_18_9_11.jpg
ツナサンド 鮪のレアステーキのサンドイッチ

Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●f/2.8●1/250秒●ISO:1600●5600K●RAW現像
●撮影MEMO:大変勉強になりました。ごちそうさまでした。





蕎友館ホームページはこちら

.

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪うなぎのじゅもん♪

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
20141127-2014_11_27_1671.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●マニュアルフォーカス 1/80秒 f/4 ●ISO感度:1600
●ピクチャースタイル:スタンダード●RAW DPP Ps Lightroom5現像
●撮る心は!無中にほおばる^^




BGM by 小椋佳
静岡 富士宮 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪うなぎのじゅもん♪

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
浜松 うなぎ かんたろうさん
Canon5D markⅡ EF50mm f/1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●マニュアルフォーカス 1/15秒 f/3.5 ●ISO感度:1600
●ホワイトバランス:色温度(4800K) ●ピクチャースタイル:スタンダード●RAW DPP現像
●撮りたい!つぶやき:浜松市南区飯田町のかんたろうさん ごちそうさまでした^^




BGM by 小椋佳
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ