♪摩天楼ミュージアム♪ 2011 9/4

静岡県富士宮市 くもり雨
香川県立ミュージアム 香川県 高松市 
8/30 若女将の里への帰省中に単独行動で
香川県立ミュージアムへ(笑)
2度目の訪問となりますが
ここの美術館の常設展にある
香川県の歴史の館は私のように
讃岐地方になじみの無い人間にも
よく知ることができて
たいへん興味深い展示です(笑)
香川県立ミュージアム 香川県 高松市 
縄文時代の展示 約1万3千年前
こちらは写真撮影OK
香川県立ミュージアム 香川県 高松市 
おそらく縄文時代後期の住居?と思われる復元展示

この時代から蕎麦を食していたことに
なんだか感慨深いものがあります(笑)
もちろん麺状に仕上げたわけではなく
そば粥にして食されていたと言われています。

ちなみに 私の世代の義務教育では
稲作が始まったのは弥生時代に入ってからで
縄文時代にはごく一部の地域でしか
行われていなかった。
とのことでしたが

現在では縄文時代に広く稲作が行われていたことは
数々の発掘での調査で明らかなようです(笑)
香川県立ミュージアム 香川県 高松市 
この銅鐸のレプリカが好きです(笑)
細部まで非常によくできていて 
鳴らすと音も良いです(笑)

他の展示は写真撮影NGなので

香川県立ミュージアム HP

をご覧下さい



さて 今回は夏休み子どもミュージアム
香川県立ミュージアム 秋山たいけい おびからくり 
秋山たいけいのからくり
からくり版画とおびからくり
を見てきました(笑) 
童心に帰って楽しめました(笑) 

立体のおびからくりは子ども達がよろこんで
遊んでいました。美術館で作品をさわれるのは
大人も楽しいものです(笑)

有意義にゆったりした時間をすごせました(笑)
香川県立ミュージアム 四宮金一
前回 2011 1月末に訪れた際には
たまたま 四宮金一さんに
『ようこそ ごゆっくりごらんください』
とご挨拶いただき たいへん恐縮したのですが
今となっては よい思い出です(笑)

また訪れたい美術館です(笑)

BGM  by Wink 
富士宮 そば 本手打ちそば蕎友館 店主 

応援クリックありがとうございます(笑)
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ  人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ:香川 - ジャンル:地域情報

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ