♪古都の四季♪奈良国立博物館 なら仏像館

静岡県富士宮市のそば屋 蕎友館です

奈良国立博物館 なら仏像館より
受付で撮影許可を申請して名前 電話番号を記載し
右腕に撮影OKの腕章をつけての撮影です。

携帯撮影不可 三脚不可 フラッシュ不可(どこの美術館でも3不可は常識ですね)

撮影の許される(奈良国立博物館所蔵)の展示佛様だけの撮影となります。
くわしくは奈良国立博物館HPよくある質問
www.narahaku.go.jp/10.html 
をご覧ください。
奈良国立博物館 国宝 木造薬師如来坐像 
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6
奈良国立博物館所蔵 国宝 木造薬師如来坐像


奈良国立博物館 重要文化財 獅子
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6
奈良国立博物館所蔵 重要文化財 獅子


奈良国立博物館 重要文化財 釈迦如来立像 
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6
奈良国立博物館所蔵 重要文化財 釈迦如来立像


奈良国立博物館 重要文化財 多聞天立像と若女将 
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6
奈良国立博物館所蔵 重要文化財 多聞天立像

『若女将 じゃますんなよ~^^』
『カメラマン気取りでいちびっとんのに~』

『せやけど 誕生日プレゼントのカメラやさかい』
『ほな 多聞天様と1枚』 

『ちと暗いが・・・よう考えたら えらいゴージャスやな~!』

しかし・・・
奈良に着いたとたんに関西弁にもどる わいらも たいがい単純やなぁ^^

気を取り直してかっこいい多聞天様
奈良国立博物館 重要文化財 多聞天立像 
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6
奈良国立博物館所蔵 重要文化財 多聞天立像

www.narahaku.go.jp/index.html
奈良国立博物館HPもどうぞ

BGM by 渡辺伸
富士宮 グルメ 手打ちそば蕎友館 店主

いつも訪問ありがとうございます(感謝)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士宮情報へ 人気ブログランキングへ
富士宮ランキング 
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31


2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ