♪黒い色♪黒にんにく

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
IMG_6207.jpg
Canon EOS kiss DN EF24-105 F4L IS USM





BGM by 楳図かずお
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪そっと…♪

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
DPP_0173.jpg


DPP_0171.jpg
Canon EOS kiss DN EF24-105 F4L IS USM





BGM by Waive
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪じっとこうして♪

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
DPP_0169.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM



BGM by 仲マサコ
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪とりあえずビール♪COEDO 生ビール

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
DPP_0165.jpg

その後 バスツアーは川越へ移動。

すると・・・雨。。。

となると ♪今日~は うれしい雨宿り♪^^




DPP_0166.jpg 

川越地ビール COEDO 生ビール

その後、雨は強くなる・・・

当然!おかわり^^






DPP_0167.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM


川越地ビール COEDO さつまいも入り生ビール HPはこちら



もし?甘藷先生がこれを味わったら・・・
きっと大いに喜ばれただろうな~なんて思いながら。。。
時代を感じながら楽しみました^^






BGM by 藤原浩
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪私の世界遺産♪富岡製糸場日帰りツアー⑥まとめ

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
富岡製糸場 検査人館




富岡製糸場 東繭倉庫




富岡製糸場 繰糸機




富岡製糸場にて ウドンゲ




富岡製糸場 変電室




富岡製糸場 ヘイワスケール



祝!富岡製糸場世界遺産




富岡製糸場世界遺産決定号外 上毛新聞 アサヒスーパードライ
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM









世界遺産おめでとうございます!乾杯!







BGM by 3776
静岡 そば ←HPはこちら



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へblogramによるブログ分析

いつもありがとうございます
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031


2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829


2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ