♪地球最後の告白を♪

2017_07_02_9_1.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●1/30秒●f/4.5●ISO:800●3900K●RAW現像
●撮影MEMO:打ち立ての信州産十割そば、百年ものの返しを三日かけて取った一番だしで仕上げ、
自家栽培の葱、大根おろし、富士宮産のおろしたての本わさびでどうぞ 「上せいろ蕎麦」900円

個人的なこと
今月はひどい熱中症&夏バテで27日あたりでやっと回復しつつある。
蕎麦を打つのもフラフラ出しを取っても火の熱でヘトヘト・・・
頭から上半身にかけての血液が沸く感じ、のぼせるような感じ。
そんな日が続き、これではイカンので今後のためにメモを残しておく

食欲不振 睡眠不足は初期症状で
その後、足の裏に悪い血液がたまり、知らず知らずのうちに全身の血液循環が相当悪くなっていた模様。
そのため、体内の温度の恒常性が保たれにくくなり
下半身は冷え性ぎみなのに、上半身とくに頭は沸いているという異様な状態。
時間帯によっては、体表面は冷たいのに体の芯は熱している状態。

そば釜戸や天ぷら油なべ、出汁取りの寸胴の火の前の上半身で受けた熱を下半身で放熱する。
蕎麦打ちの時には、体内で起こる熱を体外にうまく放熱し、
体温を調整するという、今まで当たり前にしてきたことが出来なくなっていた模様。


先日久しぶりに行った鷹の湯のトゴール温泉の湯船の入口にある
足つぼ足ふみ石で、足の裏が固くなっていることに気づき、足裏をほぐし、足の血行を良くすることに努める。

「たけしの家庭の医学」で教わった
夏バテからの開放のための冷え性解消のツボ
①ヒザの皿指三本内側のツボ
②くるぶし内側アキレス腱との間のツボ
③両足の指の又の間の8つのツボ
三か所の足のツボを刺激することで、少し血行が回復したようで、これからも続けようと思う。

毎日、蕎麦湯を飲むこと。これも続けているといいみたい。

目が見えにくいというか、見えているつもりが認識できていないという状態が一番困る。。。
同時に老眼の進行も・・・

この夏をうまく乗り切れるように、また来年にも生かせるように 工夫して頑張りたい。


BGM by rojer


蕎友館ホームページはこちら 

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪桔梗♪

2017_07_21_9_2.jpg
Canon5D markⅡ EF100mm F2.8L MACRO IS US
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●1/200秒●f/14●ISO:800●5100K●RAW現像
●撮影MEMO:夏色の日差しを背中に



BGM by Junky feat.鏡音リン


蕎友館ホームページはこちら 

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪夢の蕾♪

2017_07_21_9_3.jpg
Canon5D markⅡ EF100mm F2.8L MACRO IS US
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●1/320秒●f/11●ISO:800●5100K●RAW現像
●撮影MEMO:きちっとできた折り紙のよう



BGM by レミオロメン


蕎友館ホームページはこちら 

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪両手を広げて♪

2017_07_21_9_61.jpg
Canon5D markⅡ EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●1/320秒●f/6.3●ISO:640●6300K●RAW現像
●撮影MEMO:みどりの両手にも注目^^



BGM by 藍坊主


蕎友館ホームページはこちら 

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

♪静かな場所♪

2017_07_21_9_67.jpg
Canon5D markⅡ EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
●撮影モード:マニュアル露出●忠実設定●マニュアルフォーカス●1/1000秒●f/5.6●ISO:640●6300K●RAW現像
●撮影MEMO:涼しげに咲くギボウシ



BGM by 小田和正


蕎友館ホームページはこちら 

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です






2021年2月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28


2021年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31


2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ