3519京都迎賓館 夕映の間

2019_01_29_9_66.jpg


2019_01_29_9_68.jpg


2019_01_29_9_71.jpg


2019_01_29_9_70.jpg


2019_01_29_9_72.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/4.5●1/80秒●ISO:1250●3400K●RAW現像
●撮影MEMO:愛宕山の夕日 比叡山からの月 綴織りの技法という織物の細密画に感動! 全部すごすぎ^^





蕎友館ホームページはこちら

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3518京都迎賓館 

2019_01_29_9_60.jpg


2019_01_29_9_61.jpg


2019_01_29_9_65.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/4.5●1/30秒●ISO:125●4400K●RAW現像
●撮影MEMO:トントンと進む世界観





蕎友館ホームページはこちら

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3517京都迎賓館 聚楽の間

2019_01_29_9_52.jpg


2019_01_29_9_54.jpg


2019_01_29_9_56.jpg


2019_01_29_9_58.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/4.5●1/20秒●ISO:4000●4100K●RAW現像
●撮影MEMO:なんとも優雅な空間でした。





蕎友館ホームページはこちら

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3516 京都迎賓館

2019_01_29_9_46.jpg


2019_01_29_9_48.jpg


2019_01_29_9_51.jpg


2019_01_29_9_49.jpg


2019_01_29_9_50.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/6.3●1/400秒●ISO:1600●5200K●RAW現像
●撮影MEMO:京都迎賓館でええもん仰山!見せてもろてきました。ぼちぼちまとめていきます^^





蕎友館ホームページはこちら

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

3515フィーディングプログラム

2019_01_29_9_36.jpg

2019_01_29_9_35.jpg
Canon5D markⅡ EF50mm F1.2L USM
●撮影モード:マニュアル露出●ピクチャースタイル/マニュアル●マニュアルフォーカス
●f/3.2●1/60秒●ISO:200●5200K●RAW現像
●撮影MEMO:目の前でごはんをあげてる!しかも普通に^^こんなん見れてラッキー





蕎友館ホームページはこちら

.
関連記事

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930


2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ