♪鎮守の里 (第62回伊勢神宮式年遷宮奉賛曲)♪内宮 後編

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です

お伊勢参り 内宮 後編です。撮影11/14

IMG_7170.jpg 
お伊勢さんには いたるところにパワースポットがあるそうで
この大木からも 参拝者皆さんが手をあててパワーを頂いたようで
樹のまわりがツルツルです。
牧子も私も!パワーを頂きました。
お日さまの光だけではない、不思議な心地よい温もりを感じ、
ありがたく頂戴しました。

IMG_7176.jpg
ぐるりとめぐって 以前の御正宮の横を通って要るとき
二十年毎に行われる遷宮の時をありがたく感じました。

IMG_7185.jpg
新旧の御正宮の間で
あれ!どこかで見た目の光のよう・・・
ちょうどお日様の光が とびっきりの演出をしてくれた瞬間でした。
「うわ~すごいなぁ~!」と感慨にふけりながら
(こういう明暗差のあるところは難しいので)
立ち止まって、いくつかのシャッターを押していると・・・
上から私の手元に団栗が落ちてきて・・・ビックリ仰天!

「コラっ この悪ガキ」
とでも言われているような感じの落ち方でした^^

BADDYちゃんの目に似てるな~^^
と思ったのがイカンかったかな?^^というのは冗談でして

昨日の最後の御正宮の写真と実際階段を上がって見た時に
一昨年よりも階段の数が少ないかな?なんて思って
牧子にも尋ねてみましたが???という返答。

この写真をじっくり見て納得でした。
石で出来た壁の土台の分の高さの違いでした^^

IMG_7189.jpg
荒祭宮
混雑していました^^
こちらでは個人のお願いをしても良いようです。

IMG_7196.jpg 
風日祈宮橋(かぜひのみのみやばし)
もちろん橋の中央は神様の通られるところですので
身を左へ大きくのりだしての撮影です。

IMG_7199.jpg
風日祈宮(かぜひのみのみや)さんでも
お参りをして

IMG_7200.jpg 
風日祈宮橋(かぜひのみのみやばし)
を渡って
火除橋 御厩(みうまや) 神宮司庁を通って

IMG_7213_20131120185428158.jpg
宇治橋を渡って
現世の世界に帰ります。

IMG_7219.jpg
Canon5D markⅡ EF24 F1.4 Ⅱ USM

おはらい町の切妻造(というみたいです)を見学して
次の目的地へ向かいます。

ま~だ まだ 続きますよ~^^

BGM by 藤井フミヤ
富士宮 そば  ←HPはこちら
ご訪問ありがとうございます


blogramによるブログ分析にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ



テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

コメントの投稿

非公開コメント

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829


2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ