♪楽しい時♪正倉院展

静岡県富士宮市のそば屋 蕎友館 若女将です

皆様、こんにちは♪

先日の文化の日のお休みは、奈良の国立博物館の『正倉院展』

に行ってきました(笑)

私も店主も一度『正倉院展』に行きたいと思っていたところに

ちょうど山静観光さんの『正倉院展』ツアーを

www.sansei-kk.jp/

岳南朝日新聞の広告で見つけましたので参加しました

早朝5時出発、11時到着。
奈良国立博物館 正倉院展
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6

さすが文化の日だけあって、
奈良国立博物館 正倉院展
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6

このようにすごい人でした(笑)

会場に入るまで40分ほどならびました

会場内もすごい人!

天平文化を彩どった宝物たちを写真に収めることはできませんでしたが、

今回私が一番興味があって見たかったのは

14年ぶりに展示される『蘭奢待』(らんじゃたい)という天下の名香です。

『蘭奢待』は今放送中の大河ドラマ『江』でも織田信長が

この香りを気に入った 姪の江姫にプレゼントしていました。

香木の一種で正式名称は黄熟香(おうじゅくこう)、

『蘭奢待』というのはその文字の中に東・大・寺の名を隠した雅名であるとのことです。

足利義政、織田信長、明治天皇が切り取って楽しんだそうです。

どんな香りか、とっても興味があります!

天下を治める時の権力者たちもこの香りに癒されたのでしょう。

古代文化の素晴らしさを感じることが出来た充実感のある一日でした♪~
奈良国立博物館 紅葉
OLYMPUS E-520 ZUIKO DIGITAL ED14-42F/3.5-5.6

奈良公園も少しずつ紅葉が始まっていました(笑)

BGM  by 佐野元春
富士宮 グルメ 手打ちそば蕎友館 若女将

いつも訪問ありがとうございます(感謝)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士宮情報へ 人気ブログランキングへ
富士宮ランキング 

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
私も正倉院展行ってみたいと思ってました。
しかしちょうどお店のシーズンが始まってしまい行けずです。。。

Re: 一心さんへ

> こんばんは。
> 私も正倉院展行ってみたいと思ってました。
> しかしちょうどお店のシーズンが始まってしまい行けずです。。。

こんばんは。
店主は小学校の遠足以来 若女将は初めての正倉院展は二人とも大満足でした(笑)無理して行った甲斐がありました。
毎年あるのになかなか行けないのが 正倉院展ですよね(笑)
リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31


2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ