♪祇園町から♪穴子そば

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館です
あなごそば
CanonEOSkissDN TAMRON AF18-200F/3.5-6.3XR DiLD AsphericalIF MACRO

先日 修業時代にお世話になりました 祇園の師匠のところから
日本一の穴子を送って頂きました(笑)
懐かしく うれしい そして とてもありがたく頂きました。

私もいつかこの穴子を使ってお客様に味わって頂きたい!と思っているのですが・・・
採算が合わな過ぎるのです(爆)ど~しようもないんです(笑)
仮に採算を度外視して2500~3000円まで落としてもヤバいんです(笑)
だいたい富士宮市でこの値段では・・・多分~もしかすると・・・
ご注文いただけないかも知れません。そうなると~残念ながら出来ません。

いつか出来るようになれる店になれるといいな~と思います(笑)

さてこの穴子そばですが 祇園の師匠のお店では食べれますので
是非この次元の違う味を味わってみてください。
感動的ですと言ってもオーバーではありません!

珍しくここ2日間 そばの写真が続きましたが(初めてかも)
じつは 先日 かもなんば を載せて欲しいとの有りがたいコメントを頂きまして
こりゃ急いで練習せなアカン!という訳なんです。

食べ物の写真は難しいのですが・・・中でも 蕎麦の写真撮影は特に難しい!
京都ではグルメ専門事務所の専属カメラマンが取材に同行してくれるのですが
その方々にお聞きすると~
『一番やっかいかも知れませんね~』と皆さんおっしゃいます(笑)
(ちなみに静岡の取材では写真館のおっちゃんが同行してくれます)

本ブログで蕎麦の露出が少ないのは~美味しく撮れないから!なんです(爆)

昨日のせりそばの写真もなんだか 蕎麦の色がくすんで見えるし・・・
今日のあなごそばも 三つ葉がへたってるので 生き生きと見えないですね。
腹立つわ~~(大笑)
まずそ~って言われると困るので 正式メニューのお品をアップするのが
・・・なんです(笑)

いつか美味しいお蕎麦が撮れるようにがんばりますので もう少々お待ちください。
しっかり写真も勉強しま~す!

P.S.祇園での修業時代に石原裕次郎さんの伝説は沢山お聞きしました。
私は残念ながらお会いすることはありませんでしたが、お話だけで
いかに素晴らしい豪傑だったのかは 想像するに難くはありません(笑)

BGM by 石原裕次郎
富士宮市グルメ  手打ちそば蕎友館 井出明久

いつも訪問ありがとうございます(感謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ中部全域
東海ブログランキング
東海

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

穴子そば。。。7

こんにちは、昨日はコメント有難うございました。

湘南包装族の総長×店長です。

穴子そば、いいですね。
店長、穴子がだいすきです。
が、3,000円だと???
せり蕎麦になりますかね。

いつもすばらしい写真一服の清涼剤です。

☆これからもよろしく応援しちます☆
see you

昔手打ち蕎麦屋さんの設計をやったとき
照明は全体を明るくするのではなく
ピンスポットの光を強く当てて
そばのエッジがくっきり出るようにしないと
おいしそうに見えない
ということで座る位置からお盆を置く位置を決め
そこにピンスポットが当たるように
照明器具の位置決めをしました

参考になれば、、、

Re: くーパパさんへ

> こんにちは、昨日はコメント有難うございました。
>
> 湘南包装族の総長×店長です。
>
> 穴子そば、いいですね。
> 店長、穴子がだいすきです。
> が、3,000円だと???
> せり蕎麦になりますかね。
>
> いつもすばらしい写真一服の清涼剤です。
>
> ☆これからもよろしく応援しちます☆
> see you


湘南包装族 総長殿(笑)
穴子にもピンからキリまでいろいろありまして・・・
日本一のアナゴだとそんくらいの値段になってしまいます(笑)

いつかこれがメニューに載せられる!そんな世の中になると
嬉しいですね(笑)

☆こちらこそこれからもよろしく応援しま~す☆

Re:間取作造 さんへ

> 昔手打ち蕎麦屋さんの設計をやったとき
> 照明は全体を明るくするのではなく
> ピンスポットの光を強く当てて
> そばのエッジがくっきり出るようにしないと
> おいしそうに見えない
> ということで座る位置からお盆を置く位置を決め
> そこにピンスポットが当たるように
> 照明器具の位置決めをしました
>
> 参考になれば、、、


ありがとうございます(笑)参考にさせて頂きます!

しもた…

今日、京都市内へ行ったのにぃ~。残念(涙)

Re: ネラー坊主 さんへ

> 今日、京都市内へ行ったのにぃ~。残念(涙)
 
またに機会がありますやん(笑)この次この次(笑)
リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31


2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ