♪楽しい時♪ ソープカービング

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 若女将です。

皆様、こんにちは~♪

カービングの教室で作りました。

バラです♪(笑)

バラは大好きなお花の一つです♪

やっぱり、花の中心のバラ独特の感じがどうしてもだせません

今の私の課題です。
カービング

カービング
がんばりま~す!

BGM  by 佐野元春

静岡県富士宮市 手打ちそば屋 蕎友館  
麦を通じて心をできる空をつくる!   
手打ちそば蕎友館 若女将 

いつも訪問ありがとうございます(感謝)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ静岡県
東海地域
人気ブログランキングへ静岡県

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

毎度!

カービング??

これは石鹸なのかなぁ!!

こんにちは。

カービングをされているんですね。
すてきな趣味ですね。
私も近くに教室があったらやってみたいです。
バラの繊細な感じがちゃんと出ていますよ。

若女将さん。
バラ、きれい!!!
これは、合わせて、1千百万円するのかと思ったびょん((笑)
これは、重さでございますか?(プ!)
若女将さん、これ、あれにしませんか?あれ!(^^)
そうそう、あれにしましょうよお(ニヤ!)
わたし、アホですね(笑)
すみません。
いつかは、人参さんときゅうりさんと大根さんで。
鳳凰とか~(^^)
いや、これは、あれとは別でして(^^)
ほんと、若女将さんもステキな趣味ですね~♪
わたしなら、きっときっと指を刻んじゃいそうです(笑)

Re: 極楽仕事人!さんへ 毎度!

> カービング??
>
> これは石鹸なのかなぁ!!

こんにちは

そうです!石鹸を彫ってつくる
タイの伝統芸術文化のひとつのようです。
ソープカービングのほかにも
果物や野菜を掘った
フルーツカービングもあります(笑)

Re:おたべ さんへ

> こんにちは。
>
> カービングをされているんですね。
> すてきな趣味ですね。
> 私も近くに教室があったらやってみたいです。
> バラの繊細な感じがちゃんと出ていますよ。

こんにちは

ありがとうございます(笑)
私もずっと興味があったところ
たまたま教室を見つけてラッキーでした(笑)
がんばりま~す!

Re:キキコ さんへ

> 若女将さん。
> バラ、きれい!!!
> これは、合わせて、1千百万円するのかと思ったびょん((笑)
> これは、重さでございますか?(プ!)
> 若女将さん、これ、あれにしませんか?あれ!(^^)
> そうそう、あれにしましょうよお(ニヤ!)
> わたし、アホですね(笑)
> すみません。
> いつかは、人参さんときゅうりさんと大根さんで。
> 鳳凰とか~(^^)
> いや、これは、あれとは別でして(^^)
> ほんと、若女将さんもステキな趣味ですね~♪
> わたしなら、きっときっと指を刻んじゃいそうです(笑)


キキコ さん。
ありがとうございます(笑)
そうですね~あれ?にしましょう!
がんばります!
いつもフィービーちゃん楽しみし拝見してま~す(笑)

ソープカービング良いですね(^^)

やってみたいとは思っているのですが、
独学では難しそう(^^;

Re: 笠じーま さんへ

> ソープカービング良いですね(^^)
>
> やってみたいとは思っているのですが、
> 独学では難しそう(^^;

コメントありがとうございます
笠じーま さんのお近くでカービング教室や体験を
見つけたら~ぜひ行ってみてくださ~い(笑)
楽しいです(笑)
リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ