♪女郎花♪ 紀貫之

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館です
女郎花

実家の庭に咲いていました 女郎花(おみなえし)

この花を見て!ふと思い出したことがあります。。。「ちょっと小さかったころ」に~

①【をぐら山  峰たちならし  鳴く鹿の  へにけむ秋を  知る人ぞなき】

この和歌の作者の名前は?というテストで・・・

私は(在原業平)といつも答えて ブー!!!!(紀貫之)が正解(笑)

何回も間違えたのを思い出します(お馬鹿笑)

理由がありまして。。。言い訳ですけど・・・(笑)

②【から衣きつゝなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ】在原業平

この①②両方の和歌は折句(おりく)という言葉遊びで出来ている和歌でして

折句というのは五句の最初の文字をつなげると何かの言葉になるというものです。


(を)をぐら山~
(み)峰たちならし~
(な)鳴く鹿の~
(へ)へにけむ秋を~
(し)知る人ぞなき~

①紀貫之の  をぐら山~の歌は (をみなへし) 女郎花を折り込んでありまして

(か)から衣
(き)きつゝなれにし
(つ)つましあれば
(は)はるばるきぬる
(た)旅をしぞ思ふ


②の在原業平の から衣~の歌は (かきつばた) 杜若を折り込んであります。

ファインダーをのぞきながら。。。
(女郎花といえば・・・
業平の和歌でよくテストで間違えたあの折句の歌・・・あったよな~懐かしいなぁ~)

帰って調べてみたら~
やっぱり①②の和歌を混同して!また間違えていました(笑)

ええかげん覚えなあきませんなぁ~蕎麦屋の仕事に関係はないんですけどね。。。(笑)

共通一次試験に出るかも~(爆笑)

BGM  by ヨナハ聡
蕎麦を通じて心を共有できる空間をつくる!
HPはこちら~↓↓↓
手打ちそば蕎友館 井出明久

いつも訪問ありがとうございます(感謝)

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

コメントの投稿

非公開コメント

リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です






2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031


2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ