♪感謝♪ 富士開拓農協

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
P4120905.jpg

静岡県富士宮市上井出にあります富士開拓農協です。

今年も 農業 畜産業もちろん漁業も平穏に無事に実りを感謝できますように~

腹が減ってはいくさはできぬ^^まずは食から人の営みがはじまります。

第一次産業を食を大切にできる国が
幸せに一番近い国だとおもいます^^

BGM by 平原綾香
蕎麦を通じて心を共有できる空をつくる蕎友館でした
HPはこちら~↓↓↓
富士宮 そば
いつもありがとうございます(感謝)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

どうも~

明久さん、ちょっと質問です。

あ! 最初にお断りしておきますが、マジメな質問です。(^^;

今日のブログで住所が 富士宮市上井出 と書いてありますが、
明久さんの姓、井出というのはやはりこの辺の発祥なんでしょうか?

Re: かのぼん さま どうも~

> 明久さん、ちょっと質問です。
>
> あ! 最初にお断りしておきますが、マジメな質問です。(^^;
>
> 今日のブログで住所が 富士宮市上井出 と書いてありますが、
> 明久さんの姓、井出というのはやはりこの辺の発祥なんでしょうか?


はい^^

クイズではないはずですが~だははは~^^

正解です!

静岡県富士宮市上井出の生まれです^^

確か!京都にも 井出、井手町 ってありましたよね~記憶があります^^

たぶん地下水が豊富な地域にこの名前が付いたのではないでしょうか?

井戸はどこをほってもでるよ~で 井出

井戸は手でほってもでるよ~で 井手

そんな感じなんだろうな~と安直に勝手に思っていま~す^^

食糧自給

政治の問題で「食糧自給」。
我が国は自給率低いですね。

お米のご飯を食べるのも「国のため」
そんあ教育は日本には必要と想うのですが、誰も言いません。
私が変なのかな・・・?(応援)

Re:ijin さま 食糧自給

> 政治の問題で「食糧自給」。
> 我が国は自給率低いですね。
>
> お米のご飯を食べるのも「国のため」
> そんあ教育は日本には必要と想うのですが、誰も言いません。
> 私が変なのかな・・・?(応援)


変でないと思います^^
地球上での全体人口が増大するなか
食料という資源の奪い合いがおきるかもしれません。
ijin さんのおっしゃる教育は ご家庭でやらなければならないでしょう。

和食の粗食で健康で長生き
みんながそうなるといいですね^^
リンクフリーです
木曜と第3金曜は定休日です


2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31


2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930


2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
リンク 
カテゴリ
プロフィール

手打ちそば蕎友館井出明久

Author:手打ちそば蕎友館井出明久
静岡県富士宮市生まれ 赤ん坊のころは東京~新潟、幼稚園~大学2年まで大阪。教員免許取得のための京都佛教大学時代に出会った祇園権兵衛の蕎麦に感動し、弟子入り、祇園で14年の修業の後、東京、岡本で江戸前の仕事も修業。2006年静岡県富士宮市に手打ちそば蕎友館を開業。
お店のHPとブログのために始めた写真を積み重ねるうちに、いつの間にか写真展示ブログになってしまいました。写真は素晴らしい!とてもロマンにあふれていると思います。写真の世界と蕎麦の世界は、共通部分が在ると感じます。写真を通じて自分の味の道、蕎麦の道!自分自身を向上できる発見を求めるぞ!と今日もファインダーをのぞいています。

追記 一枚の写真を納得のいくものに仕上げるために、多くのプロセスを経ていきますが、その過程で積み重ねていく姿勢が、蕎麦と真摯に向き合って対峙している時のあの感覚とよく似ていることに気がつきました。もしかしたら・・・自分らしい瞬間なのかも知れません。

光学の発達した日本に生まれて本当に幸せに思っています。

検索フォーム
月別アーカイブ